カラス/ハト駆除・捕獲、鳥害対策総合コンサルタント

グリーンフィールドロゴ
green field
株式会社グリーンフィールド

各種保険
加入済み

請負業者賠償責任保険
施設賠償責任保険

0800-123-0810
フリーダイヤル

なぜ、確実に駆除できるのか。

今までの方法と何が違うのか、弊社の特長をお話しします。

鳩対策の、今までの方法とは

鳥害対策としてはすでにさまざまなグッズやサービスがありますが、それぞれに一長一短があります。
金額もホームセンターで売っているような手軽なものから業者に発注するようなそれなりに値を張るものまで、さらにはいちど対策を講じればよいものからメンテナンスが必要なものまで、さまざまです。
ここでは代表的な既存の対処法をご紹介します。

  • 防鳥ネット

    防鳥ネットの使い方

    防鳥ネットハトやカラスが侵入しているところにネットを張り、物理的に入れないようにする方法です。
    マンションのベランダ・工場や倉庫の天井などに張ります。

    防鳥ネットの長所

    非常に狭い場所では有効な手段のひとつです。

    防鳥ネットの短所

    侵入をネットだけで完全に防ぐことは難しいといえます。また仮に侵入を完全に防いだとしても、工場・倉庫の場合ですとかえって最悪な結果になることもあります。帰巣本能が非常に強いハトがネットに邪魔されてが巣に戻れないときに、巣の近くの機械や製品の上に止まったりするためです。さらには工場や倉庫など広範なエリアで対策をとる場合は非常に金額がかかり、美観も損ねます。

  • 剣山

    防鳥用の剣山の使い方

    ハトが巣を作りそうな場所や羽を休めにとまる場所に設置します。
    防鳥用の剣山はホームセンターなどで購入できます。

    剣山の長所

    狭い場所では有効です。また、製品自体はとても安価です。

    剣山の短所

    設置場所が高いところにある場合は、高所作業を依頼する必要があるため、製品単価が安くても設置にかかる費用じたいは高くなる場合があります。また、剣山の上にハトが糞をためて巣にし、そのうえで卵を産む場合もあります。

    剣山に営巣するハトの事例1剣山に営巣するハトの事例2

    剣山に営巣するハトの事例

  • 忌避剤

    忌避剤の使い方

    ハトが嫌うニオイの成分を出して、ハトにとってここは「いやな場所」なのだという感覚を植え付けます。固形やジェル・スプレーなどいくつかのタイプがあります。触るとベタベタすることで触覚でも嫌がらせるものもあります。

    忌避剤の長所

    やはり狭い範囲には非常に有効です。

    忌避剤の短所

    スプレータイプの忌避剤は、薬剤自体の効果が長持ちしません。いっぽうジェルタイプの忌避剤は触るとくっついてしまいますのでマンションには向かず、工場・倉庫ではホコリやゴミが付着しやすいため清掃が大変になります。工場全域にジェルを塗ることは物理的に難しく、結局塗っていないところにハトが飛来するため、費用対効果が低くなります。

  • 磁石

    磁石の使い方

    ハトがどんなに遠い場所で離されても巣に戻ることができるのは、ハトが地磁気を感じとっているからだという説があります。
    そのような仮設から、ハトに来てほしくない場所に磁石を置いておけばハトの地磁気を感じ取る感覚が狂うために嫌がって来なくなるのでは、ということで磁石を設置する場合があります。

    磁石の長所・短所

    磁石は設置するのが簡単なうえに安価で、劣化もほとんどないために鳥害対策の手始めに設置する場合が多いようです。
    しかし、磁石がハトになんらかの影響を与えているという確実な証拠はありません。
    実際にハトが磁石を嫌がっていなくなったというはっきりした事例がなく、対策としてはおすすめできるものではありません。

  • 音(警報音や超音波など)

    音の使い方

    人間の耳には聞こえない周波数帯の音(超音波)を流したり、サイレンのような大きな音で害鳥を驚かせたりして追い払うという方法です。
    ホームセンターなどで比較的安価に買えるものもあります。

    音の長所・短所

    まずサイレンや犬の鳴き声のような音声で害鳥を驚かせるという方法ですが、仮に効果があったとしても最初の数日間でしかありません。
    最初のうちは警戒していても、そのうち無害であることを学習してしまうからです。
    音にしても光(CDをつるしたりペットボトルを設置したりといった)にしても、ただ驚かせるというだけの手法ではハトやカラスはすぐに慣れてしまうため、根本的な解決にはなりません。

グリーンフィールドのサービスの特長

弊社のお客様には、上記のような既存の対策をいろいろ講じられたうえで最終的に弊社へ依頼されるというケースが多くあります。

「天敵がいる!危ない!」と感じる習性を利用。
だから駆除できます。

鷹を使った害鳥駆除の最大の特長は、まさに自然界の普遍の摂理に働きかけることにあります。
鳩やカラスはどこにでも巣をつくるわけではありません。
人目や天敵の目につきにくく、雨風がしのげて暖かい場所を探します。
いちどそのような場所を見つけると、何が何でもその場所にこだわる性質があり、人間がちょっとやそっと対策を施したくらいではなかなか効果がありません。
そのようなしつこい害鳥を追い払うためには、害鳥にとってその場所がとても危険な場所なのだという認識をもたせる必要があります。
害鳥にとって鷹は、食物連鎖の頂点に立つ鷹は最も恐れる存在です。
そのような天敵がしょっちゅう飛び回り、そして威嚇してくるような場所は危険以外の何物でもありません。
当然、親鳥自身の生命が脅かされるような場所でヒナを育てられるはずなどなく、害鳥はどこか別の営巣地を探さなくてはならないようになるのです。

ゴミや死骸を残さず、有害物質も出さず。
だから近隣にも迷惑かけません。

グリーンフィールドの害鳥駆除は、鷹匠と鷹で現地に赴くだけで終わります。
鷹で威嚇して鳩やカラスを追い払うというごくシンプルな方法ですので、施工が終わった後に現地には何も残さず美観も損ねません。
また、鷹は弊社所属の鷹匠が徹底的に訓練しておりますので、害鳥を脅かせはしますが実際に狩りをするわけではありません。
襲って危害を加えることはしませんので、近隣の方にいやな思いをさせることもありません。

現場経験豊富な鷹匠と、綿密に訓練・調教された鷹のコンビ。
だから事故も起こりません。

弊社では日本古来の放鷹術を応用して業務を行っております。
また、研修を毎月行い、日本放鷹協会認定鷹匠が技術指導および鷹の状態のチェックを行っております。
ただし経験豊富な鷹匠であっても、現場の状況や環境によって適切な人数を配置しなければ安全に作業することはできません。
グリーンフィールドでは、施工前に鷹匠が現場の状況を把握し、事故を起こさず効果を発揮するための適切なプランと人員の配置を検討します。
また、鷹匠も鷹も普段から現場を意識した訓練を積んでおりますので、予想外の行動を起こしてしまうことはございません。

万全のアフターフォローで効果を継続。
だから施工後も安心です。

害鳥対策は駆除するまでも大変ですが、その効果を維持しつづけることもまた大きな課題です。
グリーンフィールドでは、お客様のそれぞれの環境に合わせプランをご提案いたします。

捕獲との併用で、短期間に最大の効果を発揮することも可能

弊社では、場所や状況によって費用対効果の優れた手段をご提案いたします。
工場や倉庫の場合など、営巣場所になっているところなどは捕獲と鷹を併用したプランをご提案させていただく場合もございます。

ハト対策の様々な方法の比較
効果の範囲 景観 即効性 防除効果 コスト
防鳥ネット × × ×
忌避剤 × ×
× ×
捕獲器 ×

上記のように鷹と捕獲器を組み合わせることで両方のメリットを活かし、最大の効果を発揮することもできます。
また、万が一に備え、請負業者賠償責任保険施設賠償責任保険に加入しております。

クリックで拡大します

グリーンフィールド会社概要

社名 株式会社 GreenField
本社所在地 〒550-0013 大阪府大阪市西区新町3丁目13ー16 S-STYLE ビル301
九州営業所 〒812-0063 福岡県福岡市東区原田4ー8ー38-203
中部営業所 〒501-0232 岐阜県瑞穂市野田新田4148-5
関東営業所 近日開業予定
※関東地方の方のご依頼はすでに対応が可能です。
お気軽にお問い合わせください。
設立年月日 2011年5月18日
代表者名 伊駒 啓介
資本金 14,550,000円
主な事業内容 害鳥駆除、 鷹の実演イベント、ホーキングスクール、 鷹販売、鷹レンタル
電話 0800-123-0810(フリーダイヤル)、06-6539-7788
FAX 06-6539-8899
E-mail info@gfhawk.com

-640

641-960

961-1200

1201